読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まいすぴんらいふ

これは僕が生きてきた証である。

仕事と趣味の決定的な違い

どーも。

 

○仕事と趣味の決定的な違い

仕事と趣味。それはお金がもらえるものか、お金を払うものか。

仕事は責任感もあるし、時間も拘束されてるからやらざるを得ない。嫌々でも任された仕事はこなさなければ、お金が貰えないのでやる。

趣味ってなると、自分が好きなタイミングで始められて、いつ辞めてもいい。もちろんお金は入ってこない。

 

 

○趣味を仕事にするには?

趣味を仕事にしたい。そう考えてる人は多いのではないか。やりたいことが見つからないけど好きなことってみんな必ず持ってると思うんだよなー。

例えば、

冬になったら毎年必ずボードに行くぜ!!

海外旅行が大好きです!!

麻雀してるときはほんまに時間わすれるわーー!

家で一生ゲームしときたい!

漫画読むのが俺の息抜き!

みたいな!

絶対なにかしらみんなあるはず。

その好きなこと。趣味でやってることでお金が入ってこればそれはもう皆さんハッピーじゃないでしょうか?

まあ、趣味を仕事にしたらきついよ!とかゆう人もいるかもしれないけど、そんなのやってみなきゃわからねーわって話。

 

とか言いながら、僕は趣味を仕事にしたいわけじゃなくて役者という趣味ではないんだけど、これだけをしながらお金が稼げたら本当にハッピーになれると思うんだよ。やりがいとか、自分が成長できる感じとか、人に注目されることとか、色んな役の生き方を考えるとか、様々な人に出会えるとか。

稽古に行くのは本当に楽しみでバイトに行く時と気分が180°違う。

 

そんな役者という職業?を仕事にしたい。

 

でも、現実を見ると1日の中で1番時間を割いているのはバイト。もちろん稽古にいってもお金が貰えないのでやるしかないんだけど。

 

今のままじゃ確実に腐る。

どうにかこの現状を打破しないとずっとずっとバイト暮らしで40歳になってあの時もっと本気で死ぬ気でやってたらよかったなーなんてことを思ってしまう気がして怖くなったわけだ。

 

怖い。怖い。将来がこえええ。

 

だとすれば、今趣味範囲でしかやっていない役者というものを仕事並みにやるとどうなるのかという結論になった。

 

役者を仕事と捉えるともしかしたら嫌気がさして辞めてやろうと思うかもしれない。

けど!!!思うかもしれないってあくまでも可能性の話ですよね。やってみなきゃわかんない。

 

そのためには今の環境ではダメ。

たとえ、今、この瞬間はよっしやるぞと意気込んでも結局日が経つとまた、薄れてしまう。

なかなか自分の気持ちってゆうのはコントロールできないもんなんだよ。

 

色々な方のブログを読んで、大事なのは環境を変えることだと知った。

無理矢理やらなければいけない環境を作る。

その状況に自分を追い込む。

バイトだって8時間拘束されたら自分の意思とは関係なく、その時間は働かなければいけない。

それを役者でもする。

さてと。いつもダラダラしてしまってる時間。バイト終わりが大半。その時間を役者にかける。自分1人では絶対に疎かになるし、サボるだろうから、役者として成長できる環境に身をおこう。

 

それではまた!!