読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まいすぴんらいふ

これは僕が生きてきた証である。

眠気を吹っ飛ばす方法

早いもので3月も残すところ3日です。

四月は新しいことを始めるにはもってこいの季節!

今まで踏ん切りがつかなかったことに挑戦してみるのもいいのではないでしょうか。

 

では、今回。

眠気を吹っ飛ばす方法と題しました。

僕はいつもバイトの時、朝5時15分に起きなければなりません。勤務が7時からで、通勤に約1時間かかります。

 

こんなバイトをしているのに僕は朝はめっぽう弱いんです。

このバイトを始めて1年1ヶ月ほど経ちましたが、まだ朝は起きるのに苦労します。

アラームがなるとバイトの日は起きなければという義務感でなんとか起きれるのですが、なにせ眠いので二度寝したいという思いと行かなければという思いが葛藤しています。

1度布団から出ればなんとか、徐々に目は覚めていくんですが。笑

 

バイトを始めた当初。

朝は起きれるが朝の眠気が何時間経っても消えないということがずっとありました。

家を出て電車の中でも眠たく、携帯を触ることよりもただ睡眠の時間がほしい。

椅子に座って少しの間だけでも寝ていたいと頭の中ではずっと眠たい眠たいがループしておりました。

いつもより1時間早く起きて朝活!とか言いますが僕の場合、1時間早く起きると4時ですからね。昨日22時に寝たとしても6時間睡眠。とてもじゃありませんが効率が悪すぎます。

 

朝は誰よりも眠たいぜ俺は!という変な自信すらありました。

 

仕事場に着いても眠たい。

何をしてても眠たい。布団に入って今寝れたらどれだけ幸せだろうか。とか、目をつぶって寝ながら仕事ができないだろうかとか、いっそトイレに行ったふりをして少し寝てこようかなとか、どうすれば寝ることができるかということばかりを考えていました。

 

人は寝てはいけないという思いがあればあるほど眠気が襲ってくる生き物だと思います。

 

 

 心当たりありますよね?

学校の授業中。あの眠気はどこからくるんですかね?授業の終わりのチャイムが鳴った瞬間眼が覚めるあれ!!

 

僕は気付きました。

人は面白くないと思い込んでいることをしている時眠たくなる。

 

授業も興味がある授業なら眠たくならない。

もちろん、休み時間は楽しいので眠たくならない。

バイトも同じでつまらないものと捉えているから眠たくなる。

そして、バイトが終われば眠気は遥か彼方へと去っていく。

 

てことは、簡単です。

眠気を吹っ飛ばす1番簡単な方法はいかに楽しむ方法を見つけるか。

同じことの繰り返しをする単純作業ってとても眠たくなりますよね。

初めてのとかならまだしも、その作業に慣れてくると特に!

ベルトコンベアから流れてくるパンに永遠バターを塗る作業。作業的にはとても楽です。

しかし、ものすごい勢いで睡魔が襲ってきます。これを耐えるのは本当に辛い。

 

そんな時に楽しむ方法を考えて見つけましょう。

例えばいつも通りの仕事なら、何も考えずやるのではなく、どうすれば効率よくできるのだろうかとか。スピードを上げてタイムアタックを1人でしてみたり。

周りに人がいるなら、その人を観察してモノマネをしながら仕事をこなしたり。

やっていることだけに集中することは大切ですが、必ずしもそれだけを考えてやるというのは得策ではありません。

慣れてきたら特にその時間はあなたの思考を存分に遊ばせられる時間になるんです!

 

少し前に読んだブログの内容を思い返して自分なりに考えをまとめてみたり、これからの目標設定をどのようにしようかなーと考えてみたり。

 

僕は今、そこまで眠たいと感じることが少なくなってきました。

ただ淡々と作業をこなすのは自分のせっかくの時間を無駄にすることにもなるので思考できる時間がいっぱいある!!ラッキーといった気持ちで、これから起こす楽しいことをたくさん考えてワクワクしてすごしていきましょう!

 

まとめ。

眠気は考え方次第で解消できる。 

楽しいことを考えろ!!

 

それではまた明日!