読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まいすぴんらいふ

これは僕が生きてきた証である。

初めてはみんな、ぎこちないはずだ。

どうも、髪の毛切りたい欲が表面張力で耐えてる水ぐらいの僕です。

今日は、4月の舞台公演の初顔合わせという楽しみであり少し不安であり、まさに春にふさわしい入学式のような日でございました。

どういった立ち位置で、キャラで、振る舞いで。初めての人というのは、僕のことを当然ながら全く知らないわけです。
第一印象!!どこかの学者が言ってましたね。人の第一印象は0.07秒で決まる。秒数は曖昧。

1番はやはりワクワク。
そして、緊張。
初めての時って意外と話せることが多い。地元、今までどこで芝居をしていたか、繋がりは?何歳?などなど。相手に興味津々なわけです。
僕の第一印象はどんなのだったのだろうか。
山田孝之のようなオーラを感じる。とかなら嬉しいんだけど。

とまあ、続々と公演メンバーが集まってきて、
今回欠席されていた方で僕は全く知らない方がいまして、今回の舞台の主宰の方からお話を聞いていると、まさか声をかけて出てくれるなんて思ってなかったと。
これだけで素晴らしい方なんだと思えます。

初顔合わせ。この人たちはどんな人なんだろう。感じたことはノリがよく、場を本当に盛り上げてくれる。どういった切り口でそこに入っていくか、これを考えていたらずっと笑っているだけで終わってしまった。ガッデム!嫌われたくないという気持ちが邪魔をして上手く距離を詰めることが今回はできませんでした。嫌われたくない?いや違う。ただビビってただけです。

しかし、フッとした時にあ、今なら距離を詰められると感じた瞬間があったんです。

それがバレーボール。ビーチボールでするバレーボール。なかなかハードなヤツ。
その試合を何試合かしたあとなにかいけるな?感があったんです。
ふっと緊張の糸がほどけたようなあの感覚。
そういう感覚を覚えたので次は仲良くなれそうです。

バレーを終え、読み合わせ。
役が決まっていないところがまだあったのでそこの調整です。
上手く読もうという気持ちが邪魔をする。
初めての時には上手く読まなくていい。
ただ、意味を読み取りゆっくりと言葉にすることが大切だとあれだけ聞かされていたのにやはり、キャラ付けをして読んだり、噛まないように読もうと思ったりしてしまう。
相手の声を聞きその時感じたものを大切に自分のセリフを読んでまた、その時感じたものを言葉にする。このステップを次は忘れない。

とまあ、こんな感じで初顔合わせは終わりました。
他の皆さんはどう感じたのでしょうか。
気になりますが、人のことを気にしたってしょうがねぇよ!!
俺は俺のやりたいようにやるだけさ!!!
我が身のスキルアップのためにもいい経験が出来たと心から感じられるように、今までとは違う自分をここで育て上げていく。

さあさあ!楽しい作品が出来そうだ!
稽古はまだまだ続くんだ。1日1日噛み締めて生きていく。

我に幸あらんことを。